妊娠・出産

こんなものも?授乳中に食べないほうがいいもの

  • LINEで送る
Loading お気に入り84

以前の記事で妊娠中に食べないほうがいいものを紹介しましたが、きょうはベビーが誕生したあと、授乳中に食べないほうがいいものを紹介したいと思います。出産が終わってもまた制限があるなんて!ママはなかなか気が抜けなくて大変ですが、愛しいベビーのためにも改めてチェックしていきましょう。

授乳中は気をつけたい食べもの

乳腺を詰まらせたり、乳腺炎の原因になる食べもの

脂肪分の多い乳製品(チーズ・生クリーム・バターなど)

乳製品は栄養価が高く優れた食べものですが、脂肪分もたくさん含まれています。特にチーズ・生クリーム・バターなどは要注意!まったく口にしてはいけないわけではありませんが、ピザやドリア・グラタンなどのメニューや、洋菓子は控えたほうがベターです。
牛乳やヨーグルトは適量であれば摂取して大丈夫ですが、ママの体質によっては一日コップ一杯の牛乳で乳腺が詰まってしまうこともあります。その場合は牛乳は豆乳に代えて、小魚やひじきなどの海藻類からカルシウムを摂るように心がけてください。

もち米を使った食べもの(赤飯・おこわ・おはぎなど)

おもち・お赤飯などのもち米を使って作られた食べものには、母乳の出をよくする作用があります。母乳量が少なくて困っているママはおやつにおはぎを食べてみましょう。もち米だけでなく、小豆にも母乳の出をよくする効果があります。
ただ、母乳の量が足りているママがもち米を摂取すると、赤ちゃんが飲みきれなかった母乳によって乳腺が詰まってしまう可能性がありますので、体質や体調と相談しながら食べるようにしましょう。

油っこい食べもの

脂身の多いお肉・揚げもの・ジャンクフード・マヨネーズなどは血液をドロドロにしやすい食べもの。母乳は血液からできているので、いつも食べていると母乳もいっしょにドロドロになってしまい、乳腺が詰まるだけでなく母乳の質も悪くなってしまいます。
唐揚げやフライドポテトが大好き!というママもいるかと思いますが、毎日食べるのは避けて、青魚・納豆・海藻・きのこなどの血液をサラサラにする食べものも積極的に摂るようにしてくださいね。

赤ちゃんに深刻な悪影響がある嗜好品

お酒

ママがお酒を飲むと、血中のアルコール濃度とほぼ同じ数値で母乳からアルコールが検出されます。赤ちゃんはまだ肝臓の機能が十分ではないので、体内に入ったアルコールを分解することができません。日常的にお酒を飲んでいるママが授乳をして、赤ちゃんが急性アルコール中毒で亡くなってしまったという悲しい事件もあります。
授乳期間中は禁酒するのが一番です。もしお祝いの席などでお酒を飲んだ場合は、アルコールが完全に分解されるまで(個人差はありますが、3〜7時間程度)授乳はおこなわないようにしてください。
仕事で日常的にお酒を飲む機会があるママや、禁酒がストレスになって具合が悪くなってしまうママは完全ミルクでの育児も検討しましょう。

カフェインを含むもの(コーヒー・紅茶・緑茶・ココアなど)

カフェインを含んだ母乳を飲んだ赤ちゃんは、情緒不安定になったり寝つきが悪くなったりする傾向にあります。カフェインは完全に禁止する必要はありませんが、コーヒーなら一日1〜2杯程度にして、授乳前のタイミングは避けて飲むようにしてください。

タバコ

アルコールと同じように、タバコを吸うとニコチンが母乳から検出されます。ニコチンの含まれた母乳を飲んだ赤ちゃんは、嘔吐・下痢・不眠・急性ニコチン中毒などを起こしてしまう可能性があります。また、母乳の分泌量も減るので、授乳中の喫煙はやめるようにしてください。副流煙も赤ちゃん・ママに悪影響をおよぼすので、パパや家族が喫煙者の場合は家の外で吸うなどの協力をしてもらってください。
ママ自身がどうしても禁煙できない場合は、お医者さんに相談してみましょう。

おわりに

日々の育児・家事に追われているのに食べたいものも食べられず、疲れてしまうママも多いと思います。でも、授乳を経験できるのは一生のうち今だけです。自分のためにも健康的な食生活を送ってみよう、くらいの気持ちで頑張ってみてください。また、どうしても我慢できないときはお医者さんの意見も聞きつつ、量を決めて好きなものを楽しむようにしてくださいね。

 

キャラクターが気になった人はこちら→キャラクター紹介