ママライフ

家じゅうピカピカ!重曹とアルカリウォッシュの活用法

  • LINEで送る
Loading お気に入り62

毎日掃除していても、気がつくと家の中が汚れている気がする…。化学洗剤は強力だけど、手荒れや環境のことも心配になりますよね。そこできょうは、ぜひ知っておきたい重曹・アルカリウォッシュの活用法を紹介します。

万能エコ洗剤・重曹と、魔法の粉・アルカリウォッシュ!

重曹とは

重曹は炭酸水素ナトリウムのことで、料理に使うベーキングパウダーの主成分にもなっています。石けんと同じように酸化した汚れを浮かせる働きを持ち、研磨効果・消臭効果に優れ、環境負荷が少ないことから、エコ洗剤としてとても人気があります。スーパーやホームセンター、100円ショップでも安価に入手することができます。

アルカリウォッシュとは

アルカリウォッシュはセスキ炭酸ソーダとも呼ばれ、重曹の約10倍の洗浄力を持っているスーパーエコ洗剤として注目されています。重曹に比べて水に溶けやすく、洗浄力があるのに弱アルカリ性なので手荒れの心配が少ないのも高ポイント。匂いがないのも嬉しいですね。スーパーやホームセンターで購入できます。

重曹とアルカリウォッシュはどうちがうの?

粉末の状態だとアルカリウォッシュのほうが洗浄力が高いですが、重曹もアルカリウォッシュも、加熱すると炭酸ソーダに変化します。熱湯に溶かして使ったり、煮沸する場合の洗浄力は同等です。
分解されて出てくる泡の量は重曹のほうが多いので、泡の力で汚れを浮かせる鍋のコゲ落としなどは、重曹のほうが向いていると言えます。

どちらも使い方はとってもカンタン!

粉のまま使う

○食器やお鍋の油汚れに

食器やお鍋を洗う前に、重曹やアルカリウォッシュを振りかけてしばらく置いてからスポンジで洗うと、油汚れもするりと落ちます。

○洗濯時の予備洗い・柔軟剤として

アルカリウォッシュはタンパク質の分解が得意なので、汗汚れがひどいもの・食べこぼしがついたもの・血液がついたものを浸けおきしてから洗濯機で洗うと汚れがキレイに落ちます。
また、重曹をすすぎのときにカップ2/3ぐらい入れると柔軟剤の代わりになり、ふんわりと仕上がります。

スプレーとして使う

水500mlに重曹またはアルカリウォッシュ大さじ2杯をよく混ぜます。重曹は冷たい水だと溶けにくいので、40℃前後のぬるま湯を使うと溶かしやすくなります。汚れが気になるところに拭きかけて、ブラシで軽くこするか布で拭きましょう。カンタンに汚れが落ちます。油汚れや皮脂汚れ、石けんカスなどの酸化した汚れを落とすのに適しているので、スプレーボトルに常備しておけば毎日の掃除に重宝しますよ。

重曹はペースト状にしてさらにパワーアップ!

水1:重曹2の割合で溶いてペースト状にすると、素材に密着しやすくなり、ハードな汚れも削り取ることができる強力クリーナーになります(アルカリウォッシュは水に溶けやすいのでペースト状にするのは難しいです)。
重曹ペーストはコンロやグリルなどのガンコな油汚れにオススメ。重曹の粒子がソフトなクレンザー代わりになり、汚れはしっかり落としつつ、素材は傷つけにくいのも嬉しいですね。

おわりに

洗浄力はバツグンなのに、手肌にも環境にも優しい重曹やアルカリウォッシュ。これまでは使ったことなかったというママも、この機会にぜひ試してみてくださいね。

キャラクターが気になった人はこちら→キャラクター紹介