シーズン・行事

2017年の七夕は、日本三大七夕まつりへ!

  • LINEで送る
Loading お気に入り75

笹の枝に短冊や折り紙を飾る七夕は、子どもたちにとって楽しみな行事のひとつですね。日本各地では、由緒ある「七夕まつり」がたくさん開催されています。おうちで笹を飾るのももちろん楽しいけれど、今年の七夕は少し足をのばして、家族みんなで七夕まつりに出かけてみませんか?

日本三大七夕まつり

日本三大七夕まつりといわれるのが、宮城県 仙台・神奈川県 平塚・愛知県 安城(あんじょう)の3カ所でおこなわれる七夕まつりです。

仙台七夕まつり

公式サイト:sendaitanabata.com
会期…2017年8月6日(日)〜8月8日(火)

江戸時代初期、伊達政宗公のころから続く、歴史も規模も日本一の七夕まつりです。例年200万人以上の動員があります。
大規模な飾りつけが見られるのは仙台駅周辺や一番町・中央通りなどのアーケード街ですが、各商店や家庭でも軒先に七夕飾りを出す文化があり、街中が七夕一色になります。
会期中はコンサートやショーなども市内各地でおこなわれるので、お目当てのイベントをチェックしてお出かけしてくださいね。

湘南ひらつか七夕まつり

公式サイト:tanabata-hiratsuka.com
会期…2017年7月7日(金)〜7月9日(日)

JR平塚駅北側で開催される、都市型の七夕まつり。例年150万人以上の動員があります。
七夕飾りというと和紙で作られたものを思い浮かべるひとが多いと思いますが、平塚の七夕飾りにはクリスマスのように電飾が用いられ、夜のようすもとても迫力があるものとなっています。

安城七夕まつり

公式サイト:anjo-tanabata.jp
会期…2017年8月4日(金)〜8月6日(日)

安城駅周辺の商店街を中心に開催され、例年100万人以上の動員がある七夕まつり。2017年度からは安城市の新しい中心市街地拠点施設「アンフォーレ」がメイン会場となる予定です。
「願いごと、日本一。」をコンセプトに、地元民だけでなく当日来場したひとも参加できるイベントが盛りだくさんなのが特徴。イベント内容・会場設備ともに小さな子ども連れでも安心して参加しやすいのが嬉しいですね。

おわりに

上で紹介した日本三大七夕まつり以外にも、日本各地ではさまざまな七夕まつりが開催されます。旧暦(8月)で開催されるところも多いので、夏休みの計画とあわせてチェックしてみてくださいね。

 

キャラクターが気になった人はこちら→キャラクター紹介