シーズン・行事

2016年のクリスマスは、手作りリースに挑戦☆

  • LINEで送る
Loading お気に入り184

秋も深まり、気づけば来月はもうクリスマス!きょうは、家に飾るだけでクリスマスムードが高まる、オリジナルのクリスマスリースの作り方を紹介します。

アイデア次第で、色々なリースが作れる☆

時短でもオリジナル☆好きな飾りをつけるだけの簡単リース

今の時期、100円ショップや3コインショップでシンプルなクリスマスリースが販売されています。できるだけ飾りが少ないものを購入し、そこに木の実や松ぼっくり、リボンなどをグルーガンやボンドで付けていくだけで立派なオリジナルリースが完成!小さな子どもと一緒に作れるのでとても楽しいですよ。

通すだけ☆オーナメントリース

ボールのオーナメント

太めの丈夫な針金に、クリスマスツリーに飾る用のオーナメントを好きなだけ通します。いろいろなカラーや、ふぞろいな大きさのオーナメントにすると、より華やかになります。針金がいっぱいになるまで通し終わったら、針金を丸くして円にします。針金のはしをねじって留め、そこに鮮やかな色のリボンを巻けば完成です!リボンを引っ掛けるようにして飾ってくださいね。

ふわもこ可愛い☆フェルトボールリース

手芸店などで販売されているフェルトボールを、輪のカタチに切った段ボールにボンドで貼りつけていくだけで、ふわもこのリースが完成します。手芸が得意なママは羊毛フェルトでフェルトボールから手作りしてもいいですね。

クリスマスリースにはどんな意味があるの?

クリスマスリースを飾る理由は、家のなかを守るという魔除けのためと、農作物の豊作祈願のためという説があります。日本のお正月のしめ縄に似ていますね。
輪のカタチは「はじめも終わりもなく、永遠に続く神の愛」をあらわしているとも言われます。由来を知って手作りすることで、よりたくさんの幸せを運んでくれそうです。

 

クマミーのパン教室

キャラクターが気になった人はこちら→キャラクター紹介