子育て・しつけ

小学校入学前に必ず受けよう!就学時健康診断のポイント

  • LINEで送る
Loading お気に入り125

子どもの小学校入学を来年に控えているママが忘れてはいけないのが「就学時健康診断」です。必ず受けるって聞いたけどどんなことをするの?いつやるの?きょうはそんな疑問を解決します。

就学時健康診断の気になる疑問

就学時健康診断はなぜ必要?

身体の健康状態や知的発達を検査して、通常学級への進学が適正かを検査するのが目的です。子どもが適切な教育を受ける権利を守るためであり、学校側にとっては、支援が必要な子どもに対して教員の増員やクラス編成を考慮するのに使われます。

実施されるのはいつ?どこで受けるの?

現在住んでいる通学区域によって、自治体より指定された公立小学校から10月〜11月の終わりぐらいまでにお知らせが届きます。国・私立小学校へ進学する場合は、進学先の学校によって対応が異なりますので問い合わせてみましょう。転居の予定がある場合は、就学時健康診断実施日に住んでいる区域の健康診断を受けます。
基本的に診断は平日の実施となりますので保育園は早退し、ママ・パパも仕事はお休みするか早退して行くことになります。

どんな検査をするの?

自治体によって多少の差はありますが、身長・体重測定、内科健診、耳鼻科健診、眼科健診、歯科検診、聴力検査、視力検査、知能検査などの検査をします。検査は子どもだけで受けることになりますが、決して難しいものではなく係のひとの誘導でテキパキと進むので、ママは心配しすぎないようにしてくださいね。所要時間は受付なども含めて2〜3時間以内です。

当日の持ちものは?

事前に届くお知らせの封筒に「就学時健康診断票」が同封されているので、必要事項を記入しておきます。母子手帳も忘れないようにしましょう。
子どもは内科健診があるので、自分で脱ぎ着しやすい服装がおススメです。保護者の服装は特に決まりはありませんが、時期的に冷えることもあるのでストールや膝掛けがあると安心です。
そのほかには、上履きが必要になります。子どもは保育園から持ち帰り、保護者は携帯用スリッパを持って行くと良いでしょう。また、資料を渡されることが多いので、書類が入る大き目のバッグがあると便利です。

診断が再検査になったら

ママが心配していることのひとつが「知能検査でひっかかってしまったらどうしよう…」という点だと思います。再検査になっても慌てることなく、まずは詳細な検査を落ちついて受けてください。少し成長がのんびりしていたり、性格的に恐がりだったり緊張しやすいだけで、その子の個性の範囲内だと判断されることも多いです。

もし、何かしらの発達障害があると診断されたら、早めに専門の病院や機関に行きましょう。そこでどんな訓練や支援が必要なのかを相談し、通常学級にするか特別支援学級にするかも含めて入学する小学校に報告します。
一番良くないのは子どもに発達障害があるかも知れないのに、それを誰にも相談せずに通常学級に進学させることです。通常学級の担任の先生は特別支援教育の有資格者ではありません。保護者からの説明・相談がない状態で、発達障害の傾向がある子どもに適切な教育をおこなってもらおうというのは困難です。子どもが少しでも過ごしやすくなるように、保護者が子どもの特性を理解し、学校の先生への説明・相談をきちんとおこなうことが大切です。

【おわりに】

就学時健康診断のお知らせが届くと、緊張と不安に感じる反面、もうすぐ小学生だね!とワクワクする気持ちも生まれますね。当日はまず学校や他のお友達のようすも見てこよう、ぐらいの気持ちでリラックスして行きましょう。

 

キャラクターが気になった人はこちら→キャラクター紹介