ママライフ

産後はダイエットのチャンス!頑張らずキレイに痩せるポイント

  • LINEで送る
Loading お気に入り79

女性にとって人生の一大イベントでもある出産。産後はママとして、大変だけれど楽しく充実した日々が始まりますね。実は産後はダイエットにも最適なタイミングだって知っていましたか?産後ダイエットのポイントをおさえて、キレイなママになっちゃいましょう!

産後ダイエットで押さえておきたいポイント

産後は女性にとって痩せやすい時期

出産と同時に赤ちゃんの体重や胎盤・羊水などで6~7kg減ったはずなのに、元の体重に戻らない…そんな話を聞くと不安になりますよね。でも心配しすぎる必要はありません。実は産後はとっても痩せやすい時期なのです。産後6ヵ月までは、骨盤が動きやすくなっていたり、妊娠出産を経た身体を元の状態に戻そうとする力が働いています。また、妊娠中についた脂肪は通常のものとは異なり水分が多いため燃焼しやすく、母乳をあげる場合は赤ちゃんが栄養を吸収するので、授乳するだけでもカロリー消費になります。

食事

ムリな食事制限はおこなわず、バランスの良い食事をとるように心がけましょう。食事量を極端に減らして栄養不足になると、産後の体調に影響が出るだけでなく、母乳で育てている場合は赤ちゃんにも栄養が不足してしまうので気をつけたいですね。糖質・脂質を抑えた食事を意識すると自然と体重も落ちていきます。和食中心のメニューがオススメです。

運動

妊娠中や出産後は運動する機会が減り、筋肉量も基礎代謝も落ちている状態なので、産後1~2ヵ月から少しずつ鍛えましょう。赤ちゃんを抱っこするだけでも筋肉を使っていますが、より効率良く筋肉量を増やすためには、家の中で赤ちゃんをあやしながら、家事をしながらおこなえる、「ながら筋トレ」を取り入れるとよいでしょう。筋肉量が増えれば消費カロリーも増えて、太りにくく痩せやすい体質へと変化させることができます。

骨盤矯正

産後ダイエットの基本は、出産によって開いてしまった骨盤を引き締めることです。骨盤が開いたままで放置すると体型が崩れてしまうので、産後すぐのタイミングで引き締めておきたいですね。骨盤の開きや歪みを矯正することで、姿勢が良くなり筋肉量も増えて引き締まった印象になります。内臓の下垂も改善されるので、下腹ポッコリにも効果がありますよ。
骨盤の引き締めには、骨盤ベルト骨盤ガードルなどさまざまなタイプが販売されているので、自分に合ったサイズのものを選びましょう。このとき、ムリに体を締め付けるものを着用すると逆効果になります。補正下着は苦手…というママは、椅子の上に置いて使える骨盤クッションもオススメです。

産後の身体に負担をかけるダイエットはNG!

産後は、授乳をはじめとした育児という大事な仕事がありますね。次のような身体に負担となるダイエットはやめましょう。

  • ・断食・炭水化物を完全に抜くなどのムリな食事制限
  • ・激しいランニングや筋トレなど過度な運動
  • ・体に合わないガードルや補正下着による締め付け

産後はホルモンバランスが崩れてイライラすることも多くなるので、ムリなダイエットをすると、さらにストレスが増えてしまう恐れも。そのストレスでドカ食いを繰り返したり、極端に体を動かさなかったためについた脂肪は、落ちにくい傾向があるので注意が必要です。

おわりに

産後気をつけてダイエットをしていても、出産前の体重に戻るのは3~6ヵ月というママが多いようです。一番いいダイエットは、骨盤ベルトなどで骨盤矯正をしながら、ベビーカーでのお散歩や赤ちゃんの抱っこで身体を動かし、さらに可能であればしっかりと母乳をあげることです。ムリをしすぎないほうが自然に痩せていくので、焦らず産後ダイエットに取り組んでくださいね。

 

キャラクターが気になった人はこちら→キャラクター紹介