妊娠・出産

新生児の服装お悩み解決!着せかたと選びかたの基本

  • LINEで送る
Loading お気に入り200

生まれたばかりの赤ちゃんはとってもデリケート。体温調節もまだ自分ではできないので、服装で調整してあげる必要があります。

とはいっても、はじめての赤ちゃんだと何をどう着せたらいいか分からないですよね。そんな新米ママに、新生児の服の着せかた、選びかたをご紹介します!

新生児の服を着せるときのポイント

着せる枚数は大人とおなじ

赤ちゃんが身体を冷やさないか心配でつい多く着せがちですが、着用枚数は基本的に大人とおなじで大丈夫です。たくさん着せすぎると汗で逆に体を冷やしてしまったり、あせもなどの皮膚トラブルの原因になってしまいます。また、上にかけるお布団も1枚としてカウントします。

着せるときに赤ちゃんの腕を引っぱらない

袖を通すときに、赤ちゃんの腕を引っぱるのはとても危険です。まだ関節がやわらかいので、ママが少し引っぱっただけで脱臼してしまうことがあります。
服の袖からママの指を入れ赤ちゃんの手をにぎり、服を体のほうへ引っぱるようにして着せてあげましょう。腕を動かしたいときは、肘を持って動かしましょう。

縫い目やタグが外に出るように着せる

多くの新生児用の服は、縫い目やタグが外に出るようデザインされています。デリケートな赤ちゃんの肌を傷つけない工夫ですね。

新生児の服を選ぶときのポイント

ベビー服

前あきのデザインを選ぶ

新生児はまだ首がすわっていないので、かぶるタイプの服は着せるのがとても大変です。前あきの服なら寝かせたまま着替えができ、首がグラつく心配もありません。

季節に合ったものを選ぶ

服は赤ちゃんが生まれた季節の気候に合ったものを選びます。
春・秋は昼夜や日によって気温差があるので、赤ちゃんが快適に過ごせるよう、服を足したり引いたりしましょう。

○春夏秋冬コーディネート例

  • 春 短肌着+コンビ肌着+長袖のドレスオール(寒い日には新生児用ベストなどを重ね着する)
  • 夏 短肌着またはコンビ肌着1枚(冷房の効いた部屋などでは肌着を重ね着する)
  • 秋 基本的には春と同じ
  • 冬 短肌着+コンビ肌着+厚手の長袖ドレスオール(寒い日には新生児用ベストなどを重ね着する)

素材は夏は薄手のもの・メッシュ地・綿やリネン、冬は厚手のもの・多重のもの・ウール混など工夫して選んであげましょう。
また、長肌着よりも股下にスナップのついているコンビ肌着が長く使えておすすめです。

かわいいデザインのものを選ぶ

ママは出産を終えてすぐ、体力が十分に回復していない状態で育児を始めることになります。深夜の授乳、慣れないおむつ替え、長時間のだっこなど…ママは肉体的にも精神的にも疲れてしまいがちです。
そんなときは、赤ちゃんに着せる服をママ好みのかわいいものにしてみましょう。かわいいベビー服は見ているだけでも幸せな気分になるもの。お着がえタイムが楽しくなって、気分も明るくなりますよ。

おわりに

いかがでしたか?服を着せてあげることは、赤ちゃんとのコミュニケーションにもなります。肌のふれあいを楽しみながら、快適に過ごせるよう工夫してみてくださいね!

 

クマミーママ
そういえば赤ちゃんの頃、着ぐるみとか
いろいろ買ってしまってたわぁ・・・
あ、ほら、そのときの写真よ〜
カワイイわね~!
クマセちゃん
みせてみせて~
ホントだ~!
イチゴの帽子かぶってる〜
きゃわたん~☆
クマッタくん
ボクもみたい、みたいー!
あ、おねえちゃん、かわいいねー!
クマミーママ
おほほ、これクマッタよ~
クマセのお下がりなの。かわいいでしょ〜♪
クマセちゃん
きゃわわ☆リボンまでつけてる。
クマッコちゃんだね~
クマッタくん
クマッコ!?
ががーーーん・・・
イクマンパパ
パパは、新しいの買おうって・・・
言ったんだけどね・・・

 

キャラクターが気になった人はこちら→キャラクター紹介